「だいわん」Guild Quest 1

Pocket

地域の魅力は暮らす人にあり!

まちづくり団体「だいわん」では、川西市で輝く人々に次々にインタビューし、その魅力を市内外に発信する企画をスタートさせました。Guild=職人や商工団体を意味しますが、何かにこだわりを持っていたり、地域に貢献していたり、何かに一生懸命になっている人々って職人さんのような輝きを放っているのではないでしょうか。「だいわん」はそんな方たちをQuest=追っかけることにしました。皆さんの周りにも素敵な方いらっしゃいますよね?是非、ご紹介ください。情報はdaione.12@gmail.comまで!

記念すべき第1回、Guild Quest1では、川西市下財町にお住まいのかがり松工房をQuestしました。西村昇平さんは、数々の市長賞も受賞されているマイスター!約1.5×4㎝四方で薄さ約4㎜の松のピースを巧みに組み合わせてできたランプ。点灯前は一見、木の塊?(このままでも十分趣がありますが…)のようなのに、スイッチを入れたら、びっくり!ほんのり赤くて暖かい光が松の木を通して木漏れ日のように辺りを照らします。本当に幻想的で写真では伝わらない感動を是非、直に見て感じて貰いたいと思います。レポートは「だいわん」FBにも掲載していますので、是非ご覧ください。☞「だいわん」で検索!

2014-11-12 13.41.222014-11-12 17.37.32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

文と書いて”とも”と読みます。生まれ育った川西市笹部は母方の生家で、先祖代々、この土地で暮らしてきました。幼少期に住んでいた家は藁屋根、トイレは外、五右衛門風呂や釜土もありました。 1997年~2014年は県外や海外で暮らしていましたが、2014年2月に故郷の笹部に戻り、両親、息子と暮らしています。数十年離れていても、自然と受け入れてくれる故郷があるって幸せだと思います。そんな気持ちを何かの形で表したくて、まちづくりに関わっています。「地域の魅力=暮らす人々の魅力」だと思っているので、人との繋がりから生まれる地域活性化をコンセプトにこれからも活動していきたいと思っています。