未年が終わる。

Pocket

未年もあと3日で終わる…

今年も私なりに挑戦と成長の年だった。
まちづくりを通じて色々な出逢いがあって、ものごとへの関わり方も深まったように思う。
少しずつ自分がやりたい事業の形も見えてきた。
最終形は地域で生産〜加工〜販売と生活を一体化させること。
先ずは、農家さんと注文生産の契約をして、カフェ&マルシェを運営し、オーガニックのベビーフードや介護食、ベジタブルペーストやジャムの加工販売をやってみたい。

今年も色々悩み、おかげでたくさん考えられた。
父に食道癌が見つかり、夏に入院。何とか大手術に耐え、年明けに退院する。
12年前の未年は、母が胃癌の大手術をした。5年後の生存率が数パーセントと言われていた…と最近、話してくれた。
父の事だけでなく、家族の諸々の問題が母や私達に様々なストレスをもたらし、辛い時もたくさんあった。これからも、きっとたくさんある。
けれど…それも人生…色々あるからいい。生きてるから、泣いたり笑ったり、怒ってぶつかりあったり出来るんだもんね。

私は父が大嫌いだったし、今もあまり好きでは無い。けれど…最近はほんの少し、何か気持ちの変化を感じる。
タクのおかげかもしれない。
彼は思春期…だから反発もするけれど、家族を大切に思う気持ちが私以上に強く、それを割と素直に表現したりする。

何だか、時々、そんな彼の態度にホッコリさせられて…今年も過ごしたのかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

文と書いて”とも”と読みます。生まれ育った川西市笹部は母方の生家で、先祖代々、この土地で暮らしてきました。幼少期に住んでいた家は藁屋根、トイレは外、五右衛門風呂や釜土もありました。 1997年~2014年は県外や海外で暮らしていましたが、2014年2月に故郷の笹部に戻り、両親、息子と暮らしています。数十年離れていても、自然と受け入れてくれる故郷があるって幸せだと思います。そんな気持ちを何かの形で表したくて、まちづくりに関わっています。「地域の魅力=暮らす人々の魅力」だと思っているので、人との繋がりから生まれる地域活性化をコンセプトにこれからも活動していきたいと思っています。