一ラグ市 at 25カフェ

Pocket

image

 6月27日(土)、大和団地にある25カフェでアットホームなイベントを開催しました。

25カフェは、近年急増する空家を有効活用する為のキッカケ作りとしてスタート。

民家の空きスペースをコミュニティースペースとして、みんなに利用して貰おう!という取組です。

自由にどうぞ〜と呼び掛けただけでは、みんな利用しにくい…

というわけで、ご近所さんに呼び掛け「ミニフリマ、ミニライブ、ミニワークショップ」というごちゃ混ぜイベントを開催しました。

当日は、「自治会がやってる取組に興味はあったが、どう利用したらいいか分からない」という方が見学に来られたり、ご近所の小学生が遊びに来てくれたり、なかなかの盛況となりました。

来月からは、月1回を「だいわんワークショップデイ」としてミニイベントを開催し、さらなる広報活動を行っていきたいと思います(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

文と書いて”とも”と読みます。生まれ育った川西市笹部は母方の生家で、先祖代々、この土地で暮らしてきました。幼少期に住んでいた家は藁屋根、トイレは外、五右衛門風呂や釜土もありました。 1997年~2014年は県外や海外で暮らしていましたが、2014年2月に故郷の笹部に戻り、両親、息子と暮らしています。数十年離れていても、自然と受け入れてくれる故郷があるって幸せだと思います。そんな気持ちを何かの形で表したくて、まちづくりに関わっています。「地域の魅力=暮らす人々の魅力」だと思っているので、人との繋がりから生まれる地域活性化をコンセプトにこれからも活動していきたいと思っています。